青樹ヶ原樹海彷徨編 [page1]













  今回の取材は山梨県の富士の裾野に広がる青樹ヶ原樹海です。
 
 青木ケ原樹海は、富士山の北西にある約30平方キロメートルの原生林。

 今回は、東名富士IC〜R139を富士五湖方面に向い鳴沢氷穴のPより樹海に入る事にしました。

**地図**


 鳴沢氷穴パーキングに車を駐車して、自然歩道に入ると最初に目に入るのが写真の立て札です。
 自殺抑制の立て札のようですが、私には自殺者への道しるべのように見えます。

  今回の取材の目的は自殺者の霊を取材するのが、一番の目的なのですが、やはり富士樹海と言えば死体ですよね。
 森の中に「ゴロゴロ」ありそうな雰囲気ありです。
 それも少し期待しつつ・・・ 先に進む事にしました。
「不謹慎でしたごめんなさい」


 方位磁石は突然狂ってしまう可能性もあるので、ナイロンロープを木に結び、進む事にしました。
 樹海の中に入ると、「私達と皆さん同じ考えで、入ったのでしょう」「あっち・こっち」にロープが張り巡らされています。

私は「やっぱ皆同じような事を考えるんだ〜」なんて言いながら、助手兄君に笑いながら言いました。

しかし・・・

「この無数のロープが後に私達をピンチに陥れるのです」


 ロープを結び樹海に入った直後の写真です。

樹海の中に一歩足を踏み入れると、噂通り方向感覚を失います。
 自分では真っ直ぐに歩いているつもりでも、ロープを確認すると曲がりながら進んで来てるのがわかります。

 やはりロープは必需品でした。
 
 その他に装備として、ライト、雨具、食料、線香は必需品でしょう。


[NEXT][SPOTMENU][HOME]