滝山城跡編 [page1]













 都立滝山自然公園、春には5000本の桜が咲く名所として有名な公園ですが、戦国時代には城主・北条氏照と甲斐の武田信玄が、壮烈な戦いを繰り広げた滝山城の城跡でもあります。

 滝山城は、1521年山内上杉氏の重臣である大石定重が築いた城であるが、北条氏康の次男氏照は大石氏の養子となり滝山城を引き継いでいます。

  城郭は多摩川と秋川の合流点にある、戦国時代を代表する山城で1558年には氏照が滝山城の大改修を行い本格的な山城となりました。

 1569年には、小田原攻略途中の8000〜1万の武田軍に攻撃を受けたのですが、わずか2千の寡兵でもってよくこれをしのぎ、見事に撃退したといいます。

 1万の軍の攻撃に耐えた滝山城ですが、その後氏照は武田信玄軍に備えるため、先に紹介した「八王子城」を天正元(1573)年頃に築き、 滝山城より移りました。

 しかし秀吉の小田原攻めの時、城主氏照は小田原本城にいましたが、1日で落城してしまい、その後八王子城は廃城となってしまったのです。

 現在、城跡の大部分は都立滝山公園となっているので、夜の公園探索となったのですが、目的地に着いた私達は・・・・


 探索日時:2003年8月10日
 探索メンバー:管理人ピフィア、副管理人kuniの2名




 関東遠征初日、旧小峰トンネルの取材を終えた私達は次の目的地である滝山城跡(滝山公園)に到着しました。

 早速取材を開始する為に、工事現場に車を停めたのですが、公園入口の雰囲気があまりにも悪く、進入をいきなり躊躇してしまいました・・・

 確かに入口はかなり暗く怖いのですが、それとは別に闇に何者かが潜んでいるような気がして、進入する気になりませんでした・・・

 とりあえず、別の進入ルートを探す為に、公園周辺を調べたのですが、夜の公園は厳重に管理されているようで、進入口の全てが車止めにて、通行できなくなっていました。

 仕方なく私達は元の入口に引き返したのですが、引き返した時には、先程感じた嫌な雰囲気は嘘のように無くなっているので、何とか進入する事が出来そうです・・・



 三ノ丸跡に向かう道ですが、かなり不気味な雰囲気です。

 時折吹く風により竹が軋む音が聞えてきますが、まるで悲鳴のように聞えゾクゾクします。

 聞えてきているのは本当に竹の軋む音だけなのでしょうか・・・



 途中、階段を見つけたので上がってみる事にします。

 階段の最上段には私達の行く手を遮るかのようにオーブが立ちはだかっています。

 奥の林からも何者かがこちらを覗っているような気がしてなりません。



 階段を上がると小さな社が有りました。

 社は近い位置に鳥居が二重に建てられていますが、何か意味が有るのでしょうか?

 


 近付くと、社はあまり管理が行き届いていないようで、草は刈られていましたが、刈りっ放しの状態になっています。

 何となく罰当たりな状態なのであまり近付かない方が賢明そうなので離れる事にします。



 これは社の近くに建てられていたのですが、資材用の小屋かトイレだったと思います。

 かなり嫌な雰囲気だったので、中には入っていません。

 外観だけを写真に写しましたが、その写真には・・・




 上の写真の気になる部分を拡大しました。

 拡大してもよく分からないのでが、私には何体か顔が見えます。

 しかも全てこちらを覗っているように見えるのですが・・・



 岩に何やらプレートが取り付けられています。

 近付いて確認すると「三ノ丸跡」と書かれていました。

 どうやらここが三ノ丸跡のようです。


[NEXT][SPOTMENU][HOME]