ホテル・サンヒルズ編 [page1]


















 関東遠征第一弾2日目、花魁淵の探索を終えた私たちは次なる探索地である相模湖畔の廃ホテル「ホテルサンヒルズ」へと向かいました。

 花魁淵から、なぜか大菩薩峠を通り大周りした私たちは、かなり時間をロスしてしまい、さらには目的地に接近してからR20の工事渋滞に巻き込まれてしまいました。

 ノロノロと数珠繋ぎの車列について行くと、その渋滞の元は日蓮大橋へと折れる交差点付近、つまり「ホテルサンヒルズ」への入口といってもいい場所でした。

 その周辺は工事の騒音と工事関係車両がいっぱいで、約250m離れたホテルに着くと少しはマシになったとはいえ、騒々しい雰囲気は変わりませんでした。

 ホテルの周囲は工事用の壁が築かれ、「これは入れないんじゃないか?」と一瞬思いましたが、奥の方は壁が壊されていたため、ホッと一息。
装備を身につけ、探索に入ることにしました。

 この時、私はなにを感じたのか、妙な胸騒ぎがあったのです。


 探索日時:2003年8月11日 23:40〜
 探索メンバー:管理人ピフィア(以下、師匠)、WOOちゃん、私(kuni)の3名



 ここが入口です。

 ここからでも酷く焼け焦げた様子がハッキリわかります。

 放火があったのでしょうか?

 では探索に入りましょう。



 ロビーに入ってきました。

 中は焼けて煤だらけです。

 正面にエレベーターがありますが、そのひとつの扉が少し開いていて、何者かに覗かれているような印象を受けます。


 



 エレベーター前から左手を撮った画像だと思いますが、なんとなく気配がします。


 



 受付カウンター脇の通路です。

 どうやら奥はトイレのようですが、なにかが扉の奥に写っているようです。



 いかがでしょうか?

 少し気味が悪いですが、奥に行ってみましょう。


 


 奥はやはりトイレでした。

 やはりここも煤で真っ黒です。

 次に厨房に行ってみます。


 厨房への入口です。

 こういった廃ホテルは厨房に噂の多いものですが、ここはどうなんでしょうか?

 入ってみます。



 ここは中華専門だったのでしょうか?

 中華料理屋特有の火力の強いガス台が並んでいます。



 前の画像の右隅に写っていたものですが、これは食器棚でしょうか?

 どうやらこの物体の左右に何者かが写っているようです。



 同じものを撮った師匠の画像です。

 やはりこれにも出ているようですが・・・

 これにはさらに「逆さになった顔」も写っているようです。


 いかがですか?

 私には逆さに写った顔のように見えるのですが・・・


 



 厨房の片隅には食器や調理器具、調味料などが放置されています。



 さきほどの物体の横の扉を撮ったものですが、結構たくさん出ているようです。

 師匠は開いたドア付近に強いものを感じたようですが・・・



 ここに強い霊気を感じるそうですが、いかがでしょうか?


 


 上の扉の向こう側だったと思いますが、食材の貯蔵庫でしょうか?


[NEXT][SPOTMENU][HOME]