白石鉱山廃墟白い迷宮編 [page1]













 今回我々がターゲットに選んだのは廃墟マニア垂涎の的「白亜の迷宮」の異名を持つ白石鉱山廃墟である。
白石の名の通り、白い炭酸カルシウム鉱石を生産していたことから白亜の迷宮の異名が生まれた。
1969(昭和44)年に操業を停止し、廃墟となって35年余り、どんな変貌を遂げたのであろうか。
さらに今回は当サイト常連様より「あそこは霊がうじゃうじゃいる。もう二度と行きたくない。」との情報を得たことにより、 一挙に期待感が高まったうさぎっ子であった。
そして我々は、この超巨大廃墟に漆黒の闇の中潜入することとなった。

 探索メンバー:当サイト管理人ピフィア氏(以下師匠)、助手M君(以下M君)、そして私kuniの3名で挑む 
探索日時:平成15年3月23日午前1時〜午前3時30分


 ★ ここが白石鉱山廃墟への入口となる

 この画像は私が下見に行った時のものです。

 車を降りて少しだけ入ってみようかとも思ったが、「うじゃうじゃいる」との言葉を思い出し、意気地なく車の中から写真を撮り、そそくさと立ち去った。


 ★ 一転して深夜の入口脇の事務所

 私は霊感ならぬ零感人間ということで何も感じることはできなかったが、師匠とM君はザワザワとした騒がしい雰囲気を感じたようです。

 やはりいるのか?!


 ★ 事務所入口

 いよいよ白石鉱山の探索が始まる。

 私も期待感と共に緊張感が高まってきました。
と、思っているうちに師匠がいない。
何のことはない。早くも一人で侵入していた。

 「師匠はやっぱスゲーや!怖くないのかよ?!」


 ★ 調査中の師匠

 遅れてはならじと私も追いかけて侵入する。

 何やら床に落ちている書類を調査する師匠。


 ★ 置き去りにされた書類

 さすがに今風の樹脂製のファイルはない。

 1969年の閉鎖なので当たり前だが・・・・


 ★ 事務所内ロッカー

 作業着が今も持ち主の帰りを待っているようだ。

 写真左の黒い物は金庫である。


 ★ 事務所内台所

 流しに時代を感じる。

 休憩時にはここでコーヒーでも入れていたのだろう。
写真左下にクリープがある。
私はブライトの方がいいのだが・・・・。

 しかしうちの工場もこんな時代物の流しだなぁ〜


 ★ 2階へ続く階段

 2階へ上がってみよう。

 しかしやけに急な階段である。
慌てて昇ったら脛を階段の角にぶつけそうだ。

 きっと、痛い目にあった人がたくさんいると思う。


 ★ 事務所2階仮眠室?

 なんとか室という札があるが、見落としました。

 ふとんがたくさん放置されていることから、仮眠室と見て間違いないでしょう。


 ★ 事務所2階仮眠室?

 ここも仮眠室か休憩室なのか?

 乱雑にゴミが散らばっている。

 掃除機があるんだから掃除すればいいのに・・・・


[NEXT][SPOTMENU][HOME]