白倉トンネル編 [page2]



 写真を拡大すると、淡いのですが確かに人影が写っている事を確認できます。

 写真に写っている人影は、スカートを履いた女性の後姿のようです。

 立ち止まり、トンネル西口の方を見ているように感じます。

 このトンネルでは女性の霊がよく目撃されるようですが、この写真の女性なのでしょうか?



 女性が立っていたと思われる付近まで進んできました。

 この先からトンネル内は急に広くなっているのですが、この広くなっている所から強い霊気を感じます。

 先程写っていた女性と何か関係あるのでしょうか?



 この写真はkuniさんが撮影した写真なのですが、霊気の塊のようなものが写りこんでいるので拡大してみます。



 黒い霊気の塊が地面から壁を伝う様に伸びているのが分かります。

 人の形はしていませんが、人の霊気のようです。



 この霊気は、探索時私も感じました。

 トンネルの壁が張り替えられたのか、一部他の壁の色と比べ新しくなっっている部分があるのですが、その辺りから強い霊気を感じます。

 更に私の後ろの方の壁からも強い霊気を感じるので行ってみます。



 見た瞬間、「ぎゃ〜〜〜っ!!」と叫びそうになるくらい驚きました。

 霊気を感じたトンネルの壁を振り返って見ると、その壁には首が胴体から離れた不気味なものが手招きするように立っていました。

 何なのでしょうかこれは??



 一瞬パニックになりかけましたが、近付いて見ると壁に出来た傷か染みのようです。

 今もこの壁には、この不気味なものが存在していると思うのですが、私にはこれが普通の傷や染みではないような気がしてなりません。

 この焼け焦げた様な壁からは、ただの傷や染みだけとは思えないような気配を感じますから。



 トンネル内が何だか荒れてきました。

 東側と比べ、西側の方はあまり整備されていないのでしょうか?

 霊的には先程より軽くなってきましたが、後ろが何だか気になって仕方ありません。

 

 西側口にかなり近付いてきました。

 先程から後ろが何だか気になって仕方ないので、早くトンネルから出たいのですが・・・



 西側口は見えているのに、歩いても歩いても西側口に到着しないのは気のせいでしょうか?

 何をこんなに焦っているのか自分でも分からないまま、ただ出口を求めひたすら歩き続けている事がとても滑稽に思えます。

 私は何にこんなに怯えているのでしょうか?



 もう少し歩けば西側口に到着します。

 この辺まで来れば一安心です。

 背に感じていた気になる気配は今はもう感じません。

 それでも、一刻も早くトンネルから出たいという気持ちは変わりませんが。



 トンネル西口に到着しました。

 トンネルに入る時には薄暗い程度だったのに、10分程度で随分と外は暗くなっています。

 今からはトンネルを戻らなければならないのですが、その前に外の空気を思い切り満喫したい気分なので、一旦外に出ます。

 


[BACK][NEXT][SPOTMENU][HOME]