三重GWスペシャルツアー・呪いの藁人形探索前編 [page1]
(篠田山霊園編)














 白○山荘の探索を終えた我々は、あるスポットへと足を進めた。

 すると途中で、ピフィア師匠からある提案が・・・・ 

 それは、松阪市南部にある篠田山霊園に行きたいというものだった。

 その霊園の裏山には、呪いのわら人形が無数に打ち付けられているらしいという。

 もしもその画像を撮る事ができればスクープ間違いなし!

 深夜の霊園の探索ということで、今まで感じたことのない緊張感を覚えながら、我々は急遽予定を変更し、丑の刻参りのメッカ?篠田山霊園、続いて伊勢市倉田山の松尾観音寺を目指すこととした。

   探索日時:2003年4月30日〜5月1日未明  
   探索メンバー:管理人ピフィア師匠(以下師匠とする)、私kuniの2名



 ●篠田山霊園内神社

 篠田山霊園と一口に言ってもなかなか広く、あっちを見ても、こっちを見てもお墓ばかりが目に入り、とても一人では車を降りて歩く気にはなりません。

 さらに情報不足のため、裏山というのがどの位置なのかも定かではなく、とりあえず霊園内にある神社の裏手を探索することにした。

 これが霊園内を通る道から少し入ったところにある神社への入口です。

 では進んでみましょう。



 ●神社への参道

 漆黒の闇の中、我々は参道を進み始めるとすぐに第2の鳥居が三重になって歓迎してくれました。

 鳥居の左上部の丸いものはなんでしょうか?

 この日は天気が良かったので雨でないことは確かですが・・・・



 ●神社への参道

 また鳥居が現れました。

 そして、またも鳥居の左上にオーブのようなものがあります。



 ●神社への参道

 さらに進むと第4の鳥居がありました。

 鳥居の右手になにかあります。

 何でしょう?

 


 ●神社への参道

 これは何でしょう?

 手を洗えとでもいうのでしょうか?

 それにしてはただの水溜りのようですが・・・・


 ●神社への参道

 いつも師匠は先頭を切って行くので、私の画像には嫌でも師匠の後姿がちょこちょこ入ります。 

 これが出入口がひとつしかない廃墟などだと、後に残った私は非常に恐ろしいです。

 そんな廃墟では是非とも私を先に出して欲しいものです。(笑)
 


[NEXT][SPOTMENU][HOME]