山雪の神社・神隠し編 [page1]


















 今年の1月20日、沖縄からスタッフのミミさんが遊びに来ました。

 その期間、2回含んだ土日を利用して行ったプチ探索。

 今回はそのひとつ「山雪の神社・神隠し編」をレポートします。

 某有名心霊スポットから、さらに山奥に入っていくと神社があると言います。

 知ってはいましたが、改めて地図で確かめてみると、確かにそれは存在するようです。

 ただ、その神社についての噂は多くなく、私はあまり耳にした覚えがありません。

 山中の物件ということもあり、当然周囲は濃い闇に包まれ、人の姿を見ることもないでしょう。

 闇の山中というのは、それだけでなかなかの雰囲気があるもので、「闇を怖がっているだけなんじゃないか?」とも思えます。

 しかし、一部では相当に怖い場所であると噂されているのも事実のようです。

 あまり噂に上らないスポット、或いは地元住民しか知らないようなスポットは、過去の経験からかなり霊的に濃い可能性があります。

 云わば、あまりに怖いため踏み込んだ者がほとんどいないスポットとも考えられるからです。

 恐らく考え過ぎでしょうが、得体の知れないスポットなだけに油断をすることはできません。

 しかも今回は廃墟ではないことで、ミミさんも同行しているので、気を抜かないように探索に向かうことにします。


 探索日:2006年1月21日

 探索メンバー:管理人ピフィア、システムアシストミミ、私kuniの3名



 現地に着きました。

 この写真からは計り知れないほどの漆黒の闇です。

 一部の噂を裏付けるように、圧力とは言わないまでも、かなり不気味な雰囲気です。

 ところで、この画像に気になる部分があります。



 拡大してみました。

 灯篭から片目だけが覗いているように見えて、ギョッとしましたが・・・

 どうもこれはそのように見えるだけのようです。

 霊気を感じるのはそこではなく、灯篭の左側だと言います。

 先ほどの目の左側の上下に青白い顔のようなものと、その下にも顔のようなものが写っているようです。



 では、橋を渡って先に進みます。

 ご覧のように少しですが雪も積もっており、滑って川に落下すれば大変なことになります。

 慎重に進むことにします。



 橋から下を見下ろしてみます。

 かなり冷たそうです。



 ミミさんが橋を渡る時に撮った画像です。

 何を思って、こんなところを撮ったのでしょうか?

 少し気になる部分があるので拡大してみましょう。



 前を行く師匠の靴の裏辺りに不気味な顔のようなものが現れているようです。

 いかがでしょうか?

 ただそのように見えるだけでしょうか。



 橋を渡ると、このように多くの鳥居と灯篭が林立しています。



 さらに鳥居と灯篭が続きます。

 参道を見ても荒れている様子はなく、どう見ても廃神社などではないようです。



 鳥居はなくなりましたが、相変わらず灯篭は続いています。

 奥の階段を上がったところに何かあるようですが・・・



 これは何でしょうか?

 参拝者の休憩所のようなものでしょうか?

 ところで・・・左側の引き戸部分に何か出ているように見えます。

 2箇所拡大してみます。


[NEXT][SPOTMENU][HOME]