帝國産金興業大仁金山編 [page1]

















 金山・・・黄金伝説には必ず登場する夢の国エルドラド等、黄金は人々の心を魅了する一方、権力の象徴ともなりました。

 それは欲深く一攫千金を夢見る征服者達の暗黒の歴史と、絶大なる権力を誇示するための資金源でもあります。

 日本最大の佐渡金山は罪人の強制労働により徳川幕府の財政を支えていた事実から、日本でも確かに権力の誇示と血塗られた歴史の必須アイテムとして黄金は係わっていたのです。

 さて、今回紹介する大仁金山なのですが、慶長8年(1603年)佐渡奉行となった大久保石見守長安が国内の主な金銀銅鉱山を天領(幕府直轄領)とし、これらの鉱山の開発、管理の総責任者として登用され、伊豆金山採掘にも着手したのです。

 大久保石見守長安が伊豆で採掘に着手した金山は伊豆3大金山と呼ばれ、土肥金山、縄地金山とともに、今回紹介する大仁金山もこの伊豆3大金山の一つなのです。

 徳川幕府の資金源として慶長小判の地金に使われ財政を支えた大仁金山、この金山にも血塗られた過去の歴史があったのでしょうか?

 もしあったたすれば、霊的にもかなり濃い場所だと思われるので、気を引き締めて探索に挑みます。。



 探索日:2003年12月13日
 探索メンバー:管理人ピフィア、副管理人kuni、NATS管理人:屋敷サカヱさんの3名




 今回の大仁金山取材は、NATS管理人:屋敷サカヱさんの案内による取材です。

 大仁金山は伊豆の金山では結構有名で、その広大なる跡地を利用し巨大温泉施設が建てられています。

 今回の取材はその巨大温泉施設を目印に向ったのですが、途中少し道に迷ってしまい、何とか到着した頃にはすっかり日も落ち、探索に相応しい闇の世界となっていました。

 到着と同時に早速探索準備に取り掛かったのですが、何やら鼻を突くようなきな臭い臭いがします。

 「何だろう?」と思い周りを見回すと、それほど遠くない林の方から煙が立ちのぼっています。

 「山火事?」・・・一瞬山火事かと思いましたが、人の騒いでいる声が微かに聞えるので、山火事ではなさそうです。

 「バーベキューでもしているのでしょうか?」

 煙の正体が何となく気になりつつも、私達は目的の金山跡に向う事にします。



 大仁金山選鉱場跡です。

 嘗てここには、米松制の大トラスとガラス3000枚を使用した壮大なる選鉱場が建てられていましたが、廃墟後平成11年(1999年)9月に残念ながら取り壊されてしまい、私達が探索した時に残されているのはコンクリートの瓦礫だけのようです。

 そびえたつコンクリートの瓦礫は、間近で見るとかなりの迫力です。

 そのコンクリートの瓦礫周りに群生する雑草に隠れるかのように、何人もの見えざる者の気配を感じますが、雰囲気的には少し気味悪い程度で、それ程濃い感じはしません。



 更にコンクリートの瓦礫上方を撮影してみました。

 オーブの他に何人かの顔も確認できます。

 かなり多くの者達がいるようですが、胸騒ぎ的なものは感じないので大丈夫だとは思いますが・・・・



 コンクリート瓦礫の基礎部分です。

 やはり草陰に何人も隠れている気配がします。

 写真にも写っているので、拡大してみます。



 草の陰に隠れ、私達を窺がっているかのように見えるのですが、突然の予期せぬ来訪者に警戒しているのでしょうか?






 コンクリート瓦礫基礎部分の空間です。

 正面からだと分かり辛いのですが、同じような空間が横一列に並んでいます。

 この空間にも多くの気配が漂っていますが、私が中に入っても、あまりざわめく様子もなく、静かに寄り添っている感じです。



 空間も気になるのですが、一旦外に出ると、一段高くなったコンクリートの建物が有ります。

 何となく上の方が気になります。

 高さは2メートル半くらいなので、無理すれば登って確認出来そうですが、コンクリートの凹み部分が今では側溝の役割を果たしているらしく、水が滴り、おまけにコケが生えていて滑りそうなので、諦める事にしました。



 再び気になるコンクリート瓦礫の基礎部分に戻りました。

 今度は横から撮影したところ、寂し気なオーブが漂っています。

 更に暗い奥の方からは何人もの気配が感じられ、気になるので写真を拡大してみます。

 


 上の写真で気になる奥の方を拡大しました。

 暗くて分かり辛いので、写真を明るくすると、何人も寄り添っているように見えます。

 しかし、何人もの気配を感じるわりには、ハッキリ分かるような気配では無いのが、何だか不思議です。





 突如不意を衝かれたように、天井から強い視線を感じます。

 淡い気配ではなく、ハッキリとした気配。

 闇からの鋭い気配に、ゾクゾクします。



 写真を拡大しましたが、かなり気持ち悪いです・・・




 先の方に何が残されているか気になるので、取り敢えずコンクリート瓦礫を離れ、先に進む事にします。

 


 コンクリート瓦礫の周辺はそれ程草も生えて無かったのですが、少し先に進むと、草が行く手をさえぎるかのように、はばかっています。

 しかし、先の方には屋敷さんが既に進んでいるので、それに続く事にします。


[NEXT][SPOTMENU][HOME]