三重GWスペシャルツアー・呪いの藁人形探索後編 [page2]
(倉田山・松尾観音寺編)



 ●鳥居右手の脇道

 先ほどの鳥居の右手奥に小屋のようなものが見えます。

 近付いてみましょう。



 ●トイレ

 トイレでした。

 しかし私は何か気味の悪いものを感じ、遠目に写真を撮るだけにしました。

 そういえば、トイレというと開けたがる師匠も近寄らなかったのは何かを感じていたのでしょうか?



 ●トイレ脇の小道

 トイレ脇の道を進みます。

 もう少し行けば木の裏側にわら人形があってもおかしくない不気味な雰囲気です。



 ●トイレ脇の小道

 わら人形を求め、ひたすら奥へ進む師匠。

 適度な太さの木を見ては、確認して行くも・・・・

 ついに道は途絶え引き返すことにしました。



 ●本殿裏の林

 今度は本殿裏の広場の奥にある林を探索します。

 何かが光っています。

 町の灯りがあそこに見えるわけはないのですが・・・・

 ついでにオーブのようなものも写ってますね。



 ●本殿裏の林

 このくらいの木にはわら人形が打ち付けてあってもおかしくありません。

 ちなみにこの木の右手の幽霊のような影は師匠です。(笑)



 ●本殿裏の林

 実はこの前の画像の左下に降りて探索してきたわけですが、あまりに足場が悪く撮影を忘れていました。

 おまけに道?に迷いそうになりました。

 一足早く、戻った私が斜面を登る師匠を撮ったものです。

 もう少しで顔出しでした。(笑)

 探索結果はといえば、ここでも「呪いのわら人形」は発見に至りませんでした。



 ●本殿裏広場の木

 最後になんとなく気になって写した本殿裏の大木です。

 いくつかのオーブらしきものが浮遊していますが・・・



 ☆編集後記☆


 前編の白○山荘廃墟に加え、以上が「三重GWスペシャルツアー」の顛末です。

 実はもうひとつ探索した場所があったのですが、自然系のスポットで画像が全く役に立たず、レポートすることができませんでした。

 このスポットに関しては、いずれまた出かけてみたいと思っています。

 さて、三重GWスペシャルツアー後編はどういうわけか「呪いのわら人形」一辺倒になりました。

 結局、両スポットとも発見するには至らず残念でしたが、逆に見つからなくて良かったなとも思っています。

 スクープは欲しかったですが、あまり見たいものでもないですからね。

 難しいところです。



 副管理人:kuni



 篠田山霊園から倉田山へと移動し、邪気が集まると云われる松尾観音寺に到着した私達は、恐る恐る境内への階段を上がりましたが、境内には明かりが灯り、それほど恐怖を感じる事は出来ませんでしたが、夜の参拝者もいない境内に明かりが灯っているのが何となく不自然です。

 しかし、丑の刻参りを警戒し明かりを灯していると考えれば納得します。

 結局今回の探索では、何れも藁人形を発見する事は出来ませんでしたが、藁人形にまつわる噂は各地に有るので、機会が有ればまた探索したいと思います。



 管理人:ピフィア


[BACK][SPOTMENU][HOME]