八王子城跡編 [page1]













 関東遠征第一弾、初日最後のスポットがこの八王子城跡です。

 実はこの前に「滝山城跡」を探索しているのですが、レポートを書く順番との兼ね合いで、先に八王子城跡をご紹介することになりました。

八王子城跡は全国的にも非常に有名な心霊スポットであり、今回の関東遠征のメインのひとつであると言っても過言ではありません。


 1590年、豊臣秀吉が差し向けた前田利家・上杉景勝の軍勢によって落城させられた八王子城(城主:北条氏照)。

 当時、3万以上の軍勢で攻めてきた秀吉軍に対し、氏照は小田原城にその主力を集め、秀吉軍を迎え撃つ準備をしていた。

 逆をつかれた形の八王子城側は急遽農民などを招集し、反撃を試みるも素人をいくら集めても敵の精鋭に勝てるわけもなく、呆気なく八王子城は落城してしまった。

 さらには女子供までも近くの御主殿の滝にて、自らの喉を短刀で突き、滝壺に身を投げたといいます。

 その滝の水は、死体から流れ出る血で3日間赤く染まったそうです。

 そんな話から「武者の霊が出る」「着物姿の女性が水辺に現れる」「滝の水が赤く染まる」などの噂があります。

 そんな八王子城跡に、うさぎっ子が疲労した体に鞭打って探索に臨みます。

 時は正に丑三つ時を迎えようとしていました。


 探索日時:2003年8月11日 01:30〜
 探索メンバー:管理人ピフィア(以下、師匠)と私kuniの2名




 最初の画像をほぼ同位置で私が撮ったものです。

 画像中央にハッキリとしたオーブが現れています。

 右側の木付近にある強い発光体はなんでしょうか?

 さらに左側の木の横になにかいるようですが・・・



 師匠から指摘されて、拡大してみると・・・

 なんとなく私には女性の顔のように見えましたが、いかがでしょうか?



 鳥居上部に青いビニールシートが被せられています。

 よくわかりませんが、この時期なにかの工事をしていたようです。

 この後の苦難も知らず、師匠が鳥居をくぐろうとしています。

 もちろん、この私もですが・・・



 鳥居をくぐり、少し進みました。

 このような山道を延々と登るのかと思うと、早くも嫌気がさしてきます。

 ちなみにこの道の先に出ているオレンジ色のオーブがわかるでしょうか?



 拡大してみました。

 オレンジ色のオーブの中に顔があるように見えるのは私だけでしょうか?



 またここにも鳥居がありました。

 薄いオーブ状のものがチラホラ写っていますが・・・・

 私が気になるのは、画像左下の影です。

 ここだけ特に闇が深かったということでもないでしょうし、大体このような撮れ方は不自然です。

 このような説明のつかない影が写り込んだことが、過去に一度ありました。

 その時、私の背後には自殺者の霊が迫っていたそうですが・・・

 果たして、今回のこの影は何なんでしょう?

 今のところ、私にはなにも起こっていないと思いますが・・・



 2つ目の鳥居をくぐったあとは、急な石段が待ち構えていました。

 写っているのは師匠ですが、とても足取り軽くといった状態にはないようです。

 私も同様ですが・・・



 さらに登っていくと階段が無くなり、山道になってしまいました。

 ひょっとして山頂まで、こんな感じの山道が続くのでしょうか?


[NEXT][SPOTMENU][HOME]