藤岡病院編 [page2]



 先ほどの厨房らしき建物を出ると、目の前にはその規模から藤岡病院と思われる建物が建っていますが、どうやら建物の裏側に出てしまったようです。

 しかし、この建物が本当に藤岡病院かは分からないので、開いている裏口から正面に回り確かめる事にします。


 正面玄関に回った私は、爆破でも有ったのではないかと思われるほど破壊された玄関と内部の様子などから、間違いなくこの建物が藤岡病院と確信しました。


 正面玄関横のプレートには擦れていますが「内科 小児科 藤岡病院」と確かに書かれています。

 って〜「内科 小児科?」

 この病院には手術室や霊安室にまつわる噂話も数々あるのですが、「内科 小児科」の病院に手術室や霊安室が本当にあるのでしょうか?



 院内に入って直ぐ、下駄箱が有るのですが、上の方が弧のように不自然に曲がっています。

 人為的に曲げたのでしょうか?

 素手では曲げれそうにはなさそうなので、何か道具を使って曲げたのでしょうか?

 


 病院は外からは、そんなに古い建物ではないと思ったのですが、院内の壁と床は塗装が剥がれ、かなり荒廃した印象を受けます。



 赤字で書かれた落書きが不気味さを誘いますが、私的にはそんなに怖いという印象はうけません。

 それより気になるのは、この落書きがいつ書かれたものかは分かりませんが、剥がれた塗装の上に書かれている事から、既にこの落書きを書いた時には壁の塗装は剥がれていた事になります。

 噂の中で、「ガス爆発により多数の死者が出て廃虚になってしまった。」という説が有りますが、何者かが破壊したにしては細かくなり過ぎではないかと思われるガラスの破片や、不自然に曲がった下駄箱、剥げ落ちた壁の塗装など、爆発が実際に有ったのなら納得できます。


 受付横の部屋ですが、部屋の内部には粉々になったガラス片以外は何も無いので何に使用していた部屋なのかは分かりませんが、ガラス片を手にしてみると厚さが5ミリ以上も有り、かなり厚いガラスを使用してようです。

 しかし5ミリ以上も厚みがあるガラスを、これほどまで粉々に破壊してしまう事が、人の手による破壊で果して可能なのでしょうか?


 部屋の中に妙な穴を発見しました!!

 「何に使われた穴だろう?」

 穴の向こう側は受付なので、書類や薬などの受け渡しに使用していたのではないかと思われます。

 しかし不思議なのは廊下の壁と違い、この部屋の壁には剥がれた跡が殆ど無いことです。


 部屋を出て廊下を奥の方に進んで行くと、×と大きく赤字で書かれた扉を発見しました。

 この扉の置くには何か入ってはいけない訳でもあるのでしょうか?


 かまわず扉の奥に侵入しましたが、この奥には何が有るのでしょうか?

※ちなみにこの写真は扉の奥ではなく、×が書いてある扉を内側から撮影したものです。

[BACK][NEXT][SPOTMENU][HOME]