武家屋敷編 [page2]



 狭いので何かと思ったら、お約束のトイレでした。

 トイレ大便器手前に転がっている物ですが、洋式便器のように見えますが、これは小用便器の裏側です。

 


 再び部屋の雰囲気が重くなってきました。

 写真には特に何も写っていないようですが、何かが居る気配はします。


 



 再び縁側が見える部屋に戻ってきました。

 先ほどまで縁側付近は比較的軽く感じたのですが、急に気配が濃くなっていました。

 写真左側に写っている巨大オーブの影響でしょうか?

 確かに巨大オーブが写っている場所からも強い気配を感じるのですが、他にも写真右側の方から視線を感じるので、気になる部分を拡大してみます。


 


 障子の裏側、丁度雨戸の辺りでしょうか?

 頭巾を被った女性の顔が写っていました。

 撮影したのはkuniさんなのですが、女性の視線はkuniさんの方には向けられていないようです。

 女性は何を見ているのでしょうか・・・


 


 この建物内は至るところが破壊されています。

 有名な心霊スポットなので、破壊行為をする人も大勢いるのでしょうが、その影響からか家の中の雰囲気はかなり悪く、キツイ感じがします。



 家の中がかなり「ザワザワ」とざわめいてきたので、あまり長居はしない方がよさそうです。

 外に出て、他を探索する事にします。



 母屋を後にし少し歩くと、建物が見えてきました。

 白い外壁と、大きな窓枠が印象的な建物ですが、窓は壊れてしまったのか、あるいは壊されてしまったのか見当たりません。

 建物周辺には何故か多くのオーブが浮遊しています。

 ガラスの無い窓枠からは、建物の中の様子を窺う事が出来るのですが、その壊れた窓枠付近からかなり悪い気を感じます。



 拡大するとオーブのように見えるのですが、顔です。

 ここからは邪気を感じるので、一旦スルーして先に進む事にします。






 かなり激しく壊れている建物を見つけました。

 この建物は破壊されたのではなく、多分自然崩壊したのでしょう。

 壊れた建物から何故か気になる気配がします。

 その気配がする位置にはオーブらしきものが写っていますが、気になるので拡大してみます。



 拡大するとオーブではなく、先ほどの「白い外壁と、大きな窓枠が印象的な建物」の中に居た者のようです。

 私達の後を付いて来たのでしょうか?

 邪気があるので憑かれないようにしなければ・・・・


 



 結構大き目の建物を見つけました。

 これは何の建物でしょうか?

 建物は外壁が黒く煤けていますが、火事でも起こしたのでしょうか?

 しかもこの建物内からも先ほど母屋で感じたような得体の知れない気配を感じます。

 いや・・・・

 建物の外にも、気配を殺して何かがいます・・・・

 写真右側にその一部が写っていましたが、この時、私もkuniさんも黒く煤けた建物に気を取られ忍び寄る気配には全く気付きませんでした。



 再び黒く煤けた建物左窓の拡大写真です。

 顔らしいものが写っていますが、目が赤くとても不気味です。

 女性の顔のようにも見えますが、かなり嫌な感じがします。

 何だかは分かりませんが、気を抜くと大変な事になりそうな予感がします。


 



 建物内に入りました。

 白く塗られた壁には大きな配電盤が見えますが、この建物は工場だったのでしょうか?

 ところで、配電盤と配電盤右横の扉の方に気配を感じるので、気になる部分を拡大してみます。


[BACK][NEXT][SPOTMENU][HOME]